「飼い始め1週間ケージ内だけ」のルールは変の巻

2017年01月05日(木曜日)


ペットショップの店員さんから「1週間程はケージ内だけで、餌やトイレの世話する以外は、何もしないで下さい」と言われたパパとママ。

ママは、子供の頃には大型犬の秋田犬、学生時代には中型犬の柴犬や雑種、長期的な休みの時には祖父母の家で飼っていた小型犬を御泊りさせていたりした。

そのため『犬は新しい場所を探検することで慣れる』のを知っているので、そんな変なルールは初耳であり、犬のためを考えたら変だと思った。

生まれてすぐ親元を離され、ペットショップの狭いケージの中に閉じ込められて、やっと解放されたというのに、1週間程はケージ内だけだなんて...虐待でしかない。

人間だって、どこか分からない狭い部屋の中に、1週間も閉じ込められたら、運動不足になるし、精神が病んでしまう。犬も同じだ。


勿論、犬の状態にもよる。疲れないように少しずつ慣れさせる必要はあるけれど、殆どの犬は『新しい部屋の匂いを嗅いだりして、探検したい』はずで、人間好きならば『人間と触れ合いたい』はずなのだ。

なのでパパとママは、その変なルールは飼い始めた次の日には破ったのであった。

0 件のコメント :

コメントを投稿